マンション 大規模修繕計画の専門 コンサルタント ナル建築設計

トップページ/大規模修繕 設計事務所
管理組合が知っておきたい事 マンション 大規模修繕 計画
大規模修繕工事設計監理
大規模修繕の流れ
管理組合が選択する3通り
設計監理方式のPoint
工事監理

業務案内 マンション 大規模修繕 設計事務所
建物調査・診断及び簡易診断
長期修繕計画書の作成
1年・2年アフター調査
理事会サポート
管理費削減
管理会社変更

情報 マンション 理事会サポート
無料セミナーのご案内
良くある質問
玄関廻り改修実績
お客様の声

会社案内 マンション 大規模修繕 設計事務所
会社概要
お問い合わせ
お役立ちリンク集

1年・2年アフター調査
新築マンションの1年・2年アフター調査及び監理
建物は品確法に基づき、構造、漏水(瑕疵担保責任10年)以外は2年の瑕疵担保が義務づかれています。

一般的に1・2年アフターは、そのマンションの共用部分を管理会社、売主、施工業者が調査し不具合について補修しますが、第三者である私たちがこの調査を行いますと彼達の2倍〜3倍の不具合を発見します。

時には足場を掛けさせてやるアフター工事を何度も経験を致しました。

特に2年アフター工事は無償で不具合を直させる最後のチャンスとなります。

コンクリートの寿命を延させるためにも2年アフターはしっかり見て、小さな不具合まで全部直してもらいましょう。
又、専有部分についても同じ事が云えます。

私達プロが細部に渡ってチェックし、その不具合指摘と業者折衝、及び本当に全部完了したかどうかの監理をいたします。

建物が延命するかどうかはこの2年アフターに掛かっていると言っても過言ではありません。

どうぞお気軽にご相談下さい。

【サイトマップ】
大規模修繕の流れマンション組合が選択する3通り設計監理方式のPoint
工事監理
建物調査・診断及び簡易診断長期修繕計画書の作成1年・2年アフター調査
内覧会の立会い|理事会サポート
無料セミナーのご案内良くある質問玄関廻り改修実績お客様の声日記
会社概要お問い合わせお役立ちリンク集

COPYRIGHT(C)2008 マンション 大規模修繕 設計事務所 コンサルタント ナル建築設計 ALL RIGHTS RESERVED.