マンション 大規模修繕計画の専門 コンサルタント ナル建築設計

トップページ/大規模修繕 設計事務所
管理組合が知っておきたい事 マンション 大規模修繕 計画
大規模修繕工事設計監理
大規模修繕の流れ
管理組合が選択する3通り
設計監理方式のPoint
工事監理

業務案内 マンション 大規模修繕 設計事務所
建物調査・診断及び簡易診断
長期修繕計画書の作成
1年・2年アフター調査
理事会サポート
管理費削減
管理会社変更

情報 マンション 理事会サポート
無料セミナーのご案内
良くある質問
玄関廻り改修実績
お客様の声

会社案内 マンション 大規模修繕 設計事務所
会社概要
お問い合わせ
お役立ちリンク集

長期修繕計画書の作成
長期修繕計画書の作成に当り最初にお話しておきたい事は、これはどんなプロが手掛けても計画書通りピタリとは行かないものです。

それは、社会や経済の情勢あるいは材料や工法等の進歩、設備や機械類の短長命により変わって来るからであります。

従って計画書の見直しを

5年前後で作成するようお奨めします。

ポイントは修繕(取替)工事に掛かる金額を大きく間違えない事。

特に12年前後に大規模修繕工事がやって来ますが、この工事の単価等を見すぎたり、少なすぎたりすると修繕積立金に大きく影響致します。

一般的に管理会社が提出してくる長期修繕計画書は、安全を見て割合高めに設定しています。
あまり高すぎると管理組合より 「金を使わすようにように考えている」と言われ、安すぎると「計画性が無い」と言われます。

この点については管理会社は可哀想とおもいます。(笑)

いずれにしても長期修繕計画書は管理組合の大事な積立金の額に反映しますので、あくまでも目安とはいえ、より正確なものにしたいと思いますので、先に書いた通り5年前後で見直しをするように次期理事会の方々にお伝えてください。

【サイトマップ】
大規模修繕の流れマンション組合が選択する3通り設計監理方式のPoint
工事監理
建物調査・診断及び簡易診断長期修繕計画書の作成1年・2年アフター調査
内覧会の立会い|理事会サポート
無料セミナーのご案内良くある質問玄関廻り改修実績お客様の声日記
会社概要お問い合わせお役立ちリンク集

COPYRIGHT(C)2008 マンション 大規模修繕 設計事務所 コンサルタント ナル建築設計 ALL RIGHTS RESERVED.