マンション 大規模修繕計画の専門 コンサルタント ナル建築設計

トップページ/大規模修繕 設計事務所
管理組合が知っておきたい事 マンション 大規模修繕 計画
大規模修繕工事設計監理
大規模修繕の流れ
管理組合が選択する3通り
設計監理方式のPoint
工事監理

業務案内 マンション 大規模修繕 設計事務所
建物調査・診断及び簡易診断
長期修繕計画書の作成
1年・2年アフター調査
理事会サポート
管理費削減
管理会社変更

情報 マンション 理事会サポート
無料セミナーのご案内
良くある質問
玄関廻り改修実績
お客様の声

会社案内 マンション 大規模修繕 設計事務所
会社概要
お問い合わせ
お役立ちリンク集

建物調査・診断及び簡易診断
建物診断
大規模修繕工事をする1年、2年前に建物の診断を行います。

これは何の為にするかというと、大規模修繕工事の時期の目安を知る事が目的であります。
不具合がどれだけあるか、コンクリート及び仕上げの性能が保たれているかで、大規模修繕工事の時期はいつ頃が適正か等を診断します。

理事会にて、長期修繕計画書より大規模修繕の時期が来ましたので、「来年当りしたいと思っています」と総会等で発表しても、区分所有者の中には、「まだこんなに綺麗なのに早すぎる」という声も出てくる可能性がありますので建物診断は必ず行うようにしましょう。

診断業者の選定ですが

 管理会社(請負をしない管理会社)から紹介を受ける

 ホームページ等で設計事務所に依頼する

数社より見積りを取り、総会又は臨時総会にて予算を取られたら良いと思います。 
なお、管理会社が無料にて受ける所があるようですが、その裏は

大規模修繕工事の請負の契約を取りたいための手段である可能性があるので注意をしましょう。

【画像】

【サイトマップ】
大規模修繕の流れマンション組合が選択する3通り設計監理方式のPoint
工事監理
建物調査・診断及び簡易診断長期修繕計画書の作成1年・2年アフター調査
内覧会の立会い|理事会サポート
無料セミナーのご案内良くある質問玄関廻り改修実績お客様の声日記
会社概要お問い合わせお役立ちリンク集

COPYRIGHT(C)2008 マンション 大規模修繕 設計事務所 コンサルタント ナル建築設計 ALL RIGHTS RESERVED.